2010年10月31日

キュアマリンのおでこが焦げた!プリキュアハートキャッチオーケストラバンク(女神の鉄拳制裁)テレビ初公開

素晴らしい神作画と考えられた演出、そして幼女にも大人にもためになる人生の教訓を含んだ教育的脚本。ハートキャッチプリキュア!第38話「プリキュア、スーパーシルエットに変身ですっ!!」は清清しい神回でしたね〜。今回が最終回といっても誰も疑わないかもしれないくらい制作陣の力がこもっていましたよ。

昔の引っ込み思案で頼りない花咲つぼみの影であるブロッサムミラージュとのバトルは、「人間は自分の意思で変わることができる」「いつまでも過去にとらわれず過去の自分も受け入れて成長しなければいけない」といった「人間改革」「自分革命」的なメッセージがこめられていました。

「卵の殻を破らねば、雛鳥は生まれずに死んでいく。雛は我らだ、卵は世界だ。世界の殻を破らねば、我らは生まれずに死んでいく。世界の殻を破壊せよ、世界を革命するために!」

あれ、作品を間違えた(笑)。

バトルといえば、凄まじいくらいの強敵だとネタバレ予告で噂されていたデザートデビルは意外に弱かったですね〜。攻撃を食らったのはおデコこげこげマリンと皆の盾になっていたサンシャインくらい。最強ムーンライトにいたってはまったくの無傷、さすがゆりさん!タフネスで図体だけは無駄に馬鹿デカイけれど、強さだけならダークプリキュア姉さんのほうが遥かに上かも。

でも、キュアマリンのおでこにロックオンされた極太レーザービームがフルパワーで直撃していたらえかいつな頭が綺麗に吹っ飛んでいたかも・・・・。ちょっぴりおでこが焦げただけで済んでよかったよかった(笑)。

そして最大の見せ場は最後の試練を遅れて乗り越えたブロッサムが駆けつけての四人合体超必殺技「プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ」テレビ初披露。4人がスーパーシルエットに変身して繰り出す必殺技には馬鹿でかいデザートデビルを遥かにしのぐ大きさの女神のような謎の女性が登場。有無を言わせず鉄拳制裁!完全浄化!

同じ全員合体超必殺技である「プリキュア・ファイブ・エクスプロージョン」と比較しても作画が華麗で豪快な必殺技バンクを見た限り、もしかするとスーパーシルエット状態での戦闘はあまりないのかもしれませんね。だって予め変身した状態からだとせっかくの力作バンクが使えなくなってしまいますし。あくまで合体技バンクの一部としてスーパーシルエットに変身するだけになる可能性も高そうです。

また、あの美しい女神?はこころの大樹の化身である可能性も。声が声優の鶴ひろみさんなら確定だな。

今回の興奮冷めやらぬ来週はスポーツ中継のため放送なしのクールダウン期間。再来週放送の第39話「えりかピンチ!マリンタクトが奪われました!!」では、なんと来海えりかがマリンタクトを奪われてしまうというまさかのトンデモ展開になる様子。

これだけ感動的で華々しいパワーアップを成し遂げた次の回にありえない凡ミス・・・・。さすがは女性があこがれる完璧超人のようなスペック所持にもかかわらず、作中では「残念な扱い」をされることが多い歴代青系プリキュアの中でも異彩を放つほど個性的で、最近すっかりギャグ担当が板についてきた感のあるえりか様、メリハリのある脚本、シリーズ構成における自分のなすべき役割をちゃんとわかっていらっしゃる。

えかいつな人もそうでない人も、夏休みの宿題でえりかがいろいろと残念な(いやむしろ喜ぶべき?)方向に壊れたお話に続く来海えりか主役回を楽しみに待ちましょう。必見!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。